ソーラーシェアリング

太陽光発電所と農業の共存

ソーラーシェアリングとは、農地に支柱を立てて上部空間に太陽光発電設備等の発電設備を設置し、農業と発電事業を同時に行うことをいいます。
2013年3月に農林水産省が公表した指針※により、それまで規制されていた農地転用が可能となり、ソーラーシェアリングが実現できるようになりました。

また、近年では農業と発電事業を両立することができる営農型発電設備の技術開発も進み実用段階となっていて、買電収入を得ることで収入を増やすことができる新しい投資の形として、農村地域の振興策としてソーラーシェアリングに対する注目が高まっています。
※「支柱を立てて営農を継続する太陽光発電設備等についての農地転用許可制度上の取扱いについて」

すぐに農地に復元可能なグランドスクリュー工法

また、SPI太陽光発電所では、架台の基礎工事をグランドスクリュー工法というドイツで生まれた新しい工法で行っています。
グランドスクリュー杭を打った基礎の上に営農型架台を設置し、太陽光パネル下の土地を有効利用します。
この工法では、将来太陽光発電が終了した後発電施設を撤去し、グランドスクリュー杭を抜くだけで元の農地に戻すことができ、環境負荷がかかりません。
また、撤去後の資材はリサイクルし、無駄のない計画となっています。